ロボットを選ぶ・試す・作る 現場に最適なロボットを選ぶ さまざまなロボットを試す 現場に協調安全なロボットを作る

2.産業ロボットと協働ロボットの違い

これまでの産業用ロボットは、量産の製造ライン等で柵で囲い、人の作業と分離した状況で固定的に使用するように法律で定められています。
しかし法規制の緩和により、柵なしでの人とロボットの協働作業が可能となり、産業用ロボットの分野の中に、人との協働作業を前提としたロボットが「協働ロボット」になります。

ティーチングの容易さなど、協働ロボットの特徴があり、従来の用途以外でも製造現場おいて活用の可能性が一気に広がっています。

以下に「協働ロボット」導入が進んでいる理由をさらに詳しくまとめてみました。

協働ロボット

製造業の現場で「協働ロボット」導入が進んでいる理由

1.80W規制の緩和と安全性技術の進化

産業用ロボットは本来、国内の規制で80W以上のロボットは柵で囲い人間の作業スペースから隔離することが必須でした。しかし、2013年12月の規制緩和により、「ロボットメーカー、ユ ーザーが国際標準化機構(ISO)の定める産業用ロボットの規格に準じた措置を講じる」等の条件を満たせば、80W以上の産業用ロボットでも人と同じ作業スペースで、働くことが可能になりました。これにより、従来は柵の設置やスペースの確保などでロボットの導入に費用などを軽減でき、より省スペースでフレキシブルな生産ラインを実現できるようになりました。

またロボットメーカー各社が安全性を上げるべく技術を向上させてきたことにより、人とロボットの協働作業に求められる安全性の確保が容易に実現できるようになりました。

2.導入の容易さ

従来の産業用ロボットは、ロボットだけですぐに使用できるものではありませんでした。
そのため、産業用ロボットを使用できるようにするには、ロボットの先端に付けるハンドなどの新たなハードウェアを組み合わせ、これらが機能するようにソフトウェアをプログラムするインテグレーションする必要がありました。

従来、段取り替えをするたびにプログラミングを行わなければならなかったため、大きな負担が発生してましたが、さまざまな技術革新により、作業のプログラミングや製造ラインへのインテグレーションの手間や負担を軽減され、 実装期間の短縮や効率化を実現できるようになってきました。

お問い合わせはお気軽に!