ロボットを選ぶ・試す・作る 現場に最適なロボットを選ぶ さまざまなロボットを試す 現場に協調安全なロボットを作る

4.中小企業でもロボット導入が可能になったわけ

ここ数年、中小企業の人材不足や政府の補助金など導入しやすい環境があります。

協働ロボット導入を支援する制度が充実

中小企業が協働ロボットを導入する際に使うことができるさまざまな支援制度があります。

・ロボット導入実証事業(経済産業省)

◯「ロボット導入実証事業」は、さまざまな分野でロボットが活用される社会の実現に向けて、ものづくり・サービスの分野のうち、これまでロボットが活用されてこなかった領域におけるロボット導入の実証や検証(FS)を進めていくための事業です。

ロボット導入実証事業には次の二種類があります。

ロボット導入実証事業

ものづくり分野やサービス分野におけるロボット未活用領域へのロボット導入の実証を行う事業者に対し、当該実証事業に要する費用(ロボットシステムの設備費用、SIerによるシステムインテグレーション費用 等)の一部を補助します。

◆補助率:大企業1/2、中小企業2/3
 補助上限額:5,000万円
※現在、募集は行われておりません。
※詳細は「(社)ロボット工業会」のホームページをご覧ください。(http://www.jara.jp/

ロボット導入FS事業

ものづくり分野やサービス分野におけるロボット未活用領域へのロボット導入を検討する事業者に対し、当該ロボット導入についての実現可能性調査(FS)を行うための費用(SIerによる業務分析、ロボットシステムの検討、費用対効果の算出のための費用 等)の一部を補助します。

◆補助率:大企業1/2、中小企業2/3
補助上限額:500万円
※現在、募集は行われておりません。
※詳細は「(社)ロボット工業会」のホームページをご覧ください。(http://www.jara.jp/

お問い合わせはお気軽に!